So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

リモート先のシンボリックリンクを解決させる [PC全般 [備忘録]]

よく忘れるのでメモ。


fsutilコマンドで設定。

fsutil behavior set symlinkevaluation R2R:1

{L|R}2{L|R}:{0|1}の書式で,L:Local / R:Remote, 0:Disable / 1:Enable。 上記はリモートにあるシンボリックリンクを解決してリモートのファイル or ディレクトリへのアクセスを許可する設定。デフォルトは,

L2L:1 L2R:1 R2L:0 R2R:0

になっているみたい。


アニたま喫茶 三姉妹。「妄想 Chuッ!」発売記念イベント [アニメ・コミック・ゲーム・声優・ラノベ]

急遽予定を入れたアニたま喫茶 三姉妹妄想♥Chuッ!」発売記念イベントに行ってきました。 珍しくメモ帳を用意。

SHIBUYA O-NESTは初めてだったのですが,O-EASTの反対側の5楷。 5人乗りエレベータ2機でピストン輸送なのはちょっと問題だったり。 帰りにこれが問題化。


  • 12:30開演予定から2分程度遅れて「お父さん」こと佐藤Pの前説。
  • 1: 妄想♥Chuッ! (神田・大亀・鈴木)

    当然ながら最初はタイトル曲。 CD聞いていても思ったけど,当初の予定通り朱ちゃんよりメインは亀ちゃんとみぃちゃんですね。 予想以上にみぃちゃんの声が出ていたことにびっくり。

  • MC。 服の話とか装飾品の話とか。 朱ちゃんが年の差を感じる購入場所 (亀ちゃんとみぃちゃん:原宿/朱ちゃん:恵比寿) や,亀ちゃんが原宿に詳しかったり,服を見ていたら感覚が麻痺してきて「一番おとなしい」服を買ったはずが帰って見たら「やっちゃった」と思った話とか。
  • シチュエーションセリフ 前編。 ジャンケンで朱ちゃんが一抜け,亀ちゃんとみぃちゃんが仕切り直してみぃちゃんが二抜け。
    朱ちゃん
    授業中寝てる隣の男子を起こすためにささやく一言
    みぃちゃん
    同じクラスの男子と一緒に下校中、相手のハートを鷲掴みにする一言
    亀ちゃん
    2年間片思いをしてきた先輩に、思い切って告白する一言

    みぃちゃんが朱ちゃんと同じ男子を家に連れ込もうとする一言になったあたりで方向が決定して,亀ちゃんがその人を奪い取る,という結果に。 順番決めジャンケンで盛り上がる亀ちゃんとみぃちゃんを見守る朱ちゃんの図がラジオそのもの,という感じを受けました。

  • 2: 学園天国 (鈴木)

    ソロパート。 後のMCで曰く,「コール&レスポンスをしたかった」とのこと。 朱ちゃんは「小泉今日子の曲」という認識。 亀ちゃんは「よく知らない」という驚愕の答え。 みぃちゃんは「フィンガー5のイメージ」だとか。 年齢詐称疑惑発生。 今回は小泉今日子版。

  • 3: コタツから眺める世界地図 (大亀)

    ソロパートその2。 当人のキャラソン (テレビアニメ「電波女と青春男」) で,普段の歌声とは全然違うなぁ,というキャラソンならではの印象。 実は私は電波女と青春男を追ってないので曲を知らなかった……。 曰く,「普段バンド演奏ばかりで,カラオケで歌うのは初」とか。

  • MC。 最初のMCで自己紹介をしてなかったので,ここで自己紹介。 あと,学園天国の途中で言っていた,みぃちゃんがTwitter始める,という話についても話が出るも,実はアカウントが決まっていないことが発覚。 確かに,@SuzukiMisaki@MisakiSuzukiも埋まっている……。 @Suzuki_Misakiが空いているなぁ,とか思っていたけれど,結局@misaki31miiになったらしいです。
  • シチュエーションセリフ 後編。 今度は亀ちゃんが最初に負け,朱ちゃんとみぃちゃんの仕切り直しは朱ちゃんが勝ち,前編と同じ順序に。
    朱ちゃん
    アイドルがライブ中にも関わらず大好きな彼に言った一言
    みぃちゃん
    ツンデレアイドルが客に向かって言った一言
    亀ちゃん
    ドSアイドルが客席にいる豚野郎に一言

    最後はみぃちゃん向けだろう,などと言われていましたが……。 これは前編から無理矢理繋げた結果,やっぱり朱ちゃんが下地作ってみぃちゃんがお膳立てして亀ちゃんがおいしい所を持っていく展開に。

  • 4: ヘビーローテーション (神田 with 大亀・鈴木)

    マイクスタンドが出てきて,フリまでちゃんとコピーされて (らしい) 歌われました。 てっきり朱ちゃんの持ち歌から来ると思っていたので,予想外の選曲でした。 私はAKB48にまったく興味が無い関係で,サビくらいしか知らないのですが,それでもその部分で追っかけコールを入れられるあたり有名曲って凄いなぁ,と。 あと,フリはみぃちゃんを経由して朱ちゃんが覚えたとか,覚えるのが凄い早かったとか,カラオケでヒトカラしてheavy rotationしていたとか。

  • 着替えの間をつなぐために,佐藤Pがなんか行商人っぽい格好でサイリウムを行商。 前の方で数人が購入していました。
  • MC。 黒の衣装からピンクのTシャツ (イベントTシャツ(黒)の色違い:限定品) に着替えての登場。 みぃちゃんは衣装の飾りを親にやってもらったとか。 あと,佐藤P「恋泥棒の容疑で逮捕する」の迷言も。 嫌がっているようでやっぱりノリノリだったり。
  • 5: 妄想♥Chuッ! (神田・大亀・鈴木)

    いくつかフリ講座があった後で再度,最後の曲として。 色々フリがついているので,見ていてもあきない曲です。

  • アンコールではなく,手拍子をやめない形式。 で,アンコール代わりにMC。

だいたい1時間半で1500円+ドリンク代500円,コストパフォーマンスの非常に高いイベントでした。

基本的に朱ちゃんが進行やまとめ役,残り2人は自由な感じで朱ちゃんも巻き込まれる,というラジオそのままのイメージでした。 あと,歌っている最中の亀ちゃんの破顔した様子が非常に印象的でした。

次回があるといいなぁ。


半分くらい同じ文が重なっていたので,修正。


水野愛日がる☆ぱVol.5 とりおdeなでしこ [アニメ・コミック・ゲーム・声優・ラノベ]

完全に,当日書かないと絶対書かない自分がいるので……。


がる☆ぱに再度。とりおまてぃっくと聞くとついつい……。一番の目的は,アサ姉が出るから,というのは変わらないわけですが。

  • 最初はお互いを撮り合う3人の映像から。仲のよい雰囲気が伝わってきました。
  • 1: まほろDEまんぼー

    一発目はとりおまてぃっくの代表曲にしてまほろまてぃっく1期ED。3人は着物で出てきました。

  • 着物なのはまなびぃが着付けを出来るようになったからだとか。そのまま,前回もあった「外来語禁止トーク」。1分間,お題に合わせて話す,というもの。ただし外来語禁止。で,お題は忘れたものの,「レイ」を言った由美さんと,英語で説明,という中で英語から見て外来語を使ってしまったアサ姉が罰ゲーム。昼頃にTwitterで募集したセリフを読み上げるものでした。最後はまなびぃがアサ姉に言ってもらいたかったという,「白鶴 まる」。
  • 着物を着ているので,ということで,演歌を一人ずつと全員で。曲目は……アサ姉が十八番の「天城越え」を歌ったのだけ覚えています(というか演歌を知らない……)。1番は「常月まといっぽい歌詞だから」という理由で,常月まといVer.。個人的には,やはり2番~のアサ姉Ver.が力強くて好きです。
  • 演歌のあとは,コーナー。「三者三様」だったか「三人三様」だったか。とりおの3人がばらばらだから,というので,「お題に合わせて一斉に答えるゲーム」でどれだけ合わないかをみせる,というもの。10個くらいの質問で2つ位,「2人が合った」という散々たる結果。そのあと,「とりおdeあんけーと」の回答の公表。このアンケート,回答忘れてたんだよなぁ……。
  • コーナー後,再度曲コーナー。順番は間違っているかも……。
  • 6. 緋立娘HA!伊達音頭

    まほろまてぃっく特別編かなにかのED。たぶん,TBSアニメフェアあたりで聞いたはず……。流石に,合いの手を完全には覚えていないので適当に入れてしまいました。

  • 7. 声をそろえて…

    とりでおいこう♪収録曲。聞くまですっかり忘れていましたが,いい曲です。

  • 本編はここまでなのですが,まなびぃがはけるときにアンコールを煽りながら出て行くものだから,はけている最終にアンコールの声が。珍しい状況が起きました。
  • 8. アフタースクール after school

    唯一コールらしいコールが入る曲。「♪仕方ない~」<まなびぃ>「♪あるのよ~」<アサミ~>「♪にらむ~」<由美ちゃ~ん>という典型的なやつですが,個人的にはこーいうのが好きだったり。最初のビデオで終わりのフリを「こうしたら」みたいなことを言っていたのですが,それをされていました。ただ,そこから曲が終了が長すぎて大変そうでしたが。

クラップと手振りとコールだけで,ケミカルライトやペンライトが一切ないのは前回同様で,それはそれで良いものだなぁ,と。特に,最近行くライブは大抵ライト振っていてクラップがないので,それが悲しくもありますし(私はライトがあっても手拍子をしています)。


次はIM@S 7thかな。流田Project 動画UP祝3周年記念! 東京ワンマンライブにアサ姉とナンジョルノ見に行ってもいいかな,と思ったりもしますが。


ごぶごぶちゃん☆夏の祭典!えんやこんや [アニメ・コミック・ゲーム・声優・ラノベ]

ごぶごぶちゃん☆夏の祭典!えんやこんやの12日の部1回目(通算3回目)の回に行ってきました。

当該週の火曜日発送とかいう無茶をやってくれたおかげで,ヒヤヒヤものでしたが……(11日土曜日の部1回目だとチケット受け取り失敗の可能性があった)。 11日の午前にチケットを受け取って,無事参加できました。


さて,入場整理12:20に対して12:22頃についてしまったのですが,問題なく整理番号の13の位置に辿り着きました。 どうも,4番の人が来なかったらしく,席次は12番でした。

物販系はスルーして(おい),会場へ。床にテープで9つ(うち真ん中は通路)に区切られていて,席番号が振ってありました。 正面に向かって左から1→8,9→16etc.という順だったので,2列目の真ん中といういい感じの席でした。


まずはプランターの前説……なんか色々噛んでいたのはご愛敬かな。 通常の禁止事項の他に,ust・ニコ動・twitter実況禁止というのが世相を表している感じがします。

で,いつもの最初のジングルのあと,お二人が登場。睦心さんの手の動きに合わせて(いいとも!のように)拍手を三本に締めて開始。

最初は会場アンケートから。今回は「2人へのお悩み相談!」がテーマ。 実はあまり覚えていなかったり。笑ったことは覚えているのですが。

次はトークバトル。お題に対して1分でトークするのですが,曰く今回は絶不調とのこと。確かに,全部1分強制終了……。こちらも細かいことを覚えていないものの……

  • 一題目:笑

    先攻田村さんのトーク中,一生懸命考えている中村さん。 そして後攻の中村さんからは「wは馬鹿にされたような感じがする」といった発言が。 確かにwは(笑)にしろwにしろ,そういう感じを受ける可能性はありますね。

  • 二題目:嘘

    お題で思い出したのは2010年4月1日放送分のモモノキファイブ。 同じ事やったら田村さんは日笠さん以上に絶対だまされるよなぁ,というか信じ切ってしまって中村さんが逆に困りそうな感じがします。

拍手でぬるっと勝敗を決めようとするものの,割れてしまったので結果はひさしくんの判定。 結果,中村さんの勝ちとなり,田村さんが罰ゲームを受けることに。

どうも前日2回目にやったらしい,「ズンバ」の実演。 なんか,微妙な感じのダンス……確かに思いっきり「罰ゲーム」でした。

エンディングトークの後,お渡し会。 さすがに流すだけの会でしたが,一言程度の時間はありました。 前回の反省を生かして,一言くらいは……田村さんにはまともに話せなかったなぁ。 中村さんには,「アイマスライブ行きます」とだけですが,伝えることができました。


1時間弱でしたが,楽しい時間でした。 田村さんは初めて見ましたが,声のイメージとは大きく違う方でした。 中村さんはいつも通りというか……。でも,読んだ紙を後ろにぽい,はしていなかったですが。

次はアイマスの6周年ライブ。 ライブは今井麻美2nd以来。 これがイベントラッシュの最後かな。


今井麻美(34)バースデーライブ [アニメ・コミック・ゲーム・声優・ラノベ]

うへ,前回別の記事で,とか書いていながら全然書いていなかった……。 ファミ通.comさんが記事あげたりしているし,感想だけなのですが……。


宮崎羽衣さんのシングル発売記念イベントのあと,そのままロンメルさんと共に今井麻美セカンドソロライブ改め今井麻美(34)バースデーライブへ行ってきました。

ラムズ本社が四谷四丁目の交差点の周辺だったので,新宿御苑前→丸ノ内線→新宿三丁目→副都心線→渋谷の流れ。 副都心線は渋谷へのメトロの便を改善したと思います。

ちょっと早めについたので,一度SHIBUA o-eastに行った後,近くのドンキホーテに行ってサイリウムの追加。 で,戻ると……入場始まってた……。

番号が小さかったので,人を抜きながら前へ。 若干間に合わなかったのは気にしない。 最終的に,真ん中の5列目くらいという好位置にたどり着けました。


各曲単位は,記憶がすでに曖昧になってきているのですが……何故か感想が「自分はサックスの音が好きらしい」「ヴァイオリンも良いねえ」「インストのトルコ行進曲最高」だったり。 ミンゴスどこへ行った……。まぁ,久々の生バンドだったのでそちらに気が行っていたのですが。

それはともかく,第2部のアコースティックバージョンが良かったので,アコースティックライブとかも見てみたいなぁ,と。 伴奏がピアノソロとかでも面白そうです。 カラオケならぬフルオケでなんてのは妄想のしすぎですが……。


終演後は,再度ロンメルさんと合流し,ねぎしでごはん。 近くに同業の方が来ていました。


体へのダメージとして,肘と膝に来ました。 肘は,サイリウムを持った腕を肘から先だけで叩きつけるように伸ばす運動の影響のような気がします。


次はごぶごぶちゃん☆のイベントで,その次がTHE IDOLM@STER 6th ANNIVERSARY SMILE SUMMER FESTIV@L !の東京。 久々に声優系イベントにたくさん出ています。 さらに,なんかふれあい系が多い……。

ところで,普段「作品に連動しないイベントはいかない」と言っているのですが,「ラジオ番組」を核に今回のライブが繋がっています (今井麻美のSinger Song Gamer)。 まぁ,私がそう見なすかどうか,だけなのですけどね……。 個人単位で行くようにすると,量が洒落にならないので。 まぁ,人によって優先度が異なって,高い人 (e.g. 真田アサミさんとか。今井さんも最近高い) は連動しなくても行ったりしますが……。


宮崎羽衣「一度きりのLove Story/Last be Love」発売記念イベント [アニメ・コミック・ゲーム・声優・ラノベ]

宮崎羽衣「一度きりのLove Story/Last be Love」発売記念イベントに行ってきました。 元々amazon.co.jpで購入していたのでいかないはずだったのですが,@FOXTROT_FOXTROTさんのこのtweetがあって,行くことにしました。 チケット自体は第1部にも参加されたロンメル氏に取っておいていただきましたが (thx: ロンメルさん)。

開催場所はラムズイベントホール,というかラムズ本社。 聡美と羽衣のR@dio once公開録音でのエンターブレインホールWinPaでもそうですが,ウェブサイトにちゃんと場所が書いていないんですよね。 結局,今回ははてなキーワードの情報を元にラムズ本社に行って正解だったわけですが……。


さて,現場でロンメルさんよりCDと参加券をもらって (注:代金は払っています),しばらくだべって抽選。 71番でした。 で,その番号順に整列していくのですが……整列時に,70まで整列させたあと,いきなり80~90を並べ始めるので突っ込み。 危うく70番台が並べないところでした。 だいたい,ハコが150くらいで入りが100くらい?


内容は……書けないことが……。 和翠のセリフに×××とあって,それは宮崎さんには言わせられないね,ということで差し替えられたという話が「当人から」あったり (結局言ってる……),いつもの「なんか斜め上方向の返しをする」羽衣トーク炸裂だったり,急遽の首都当てクイズでは司会の方が船場吉兆の女将よろしく「正解を小声で (でもマイクには載っている)」をやっていたり。

ライブコーナーは

の2曲。一度きりの~はおとなしくクラップだけだったのが,Far awayではコールが入っていました。 ただ,ほとんどの人はクラップのみ。 みんな座っていたからかなぁ。 とはいえ,私もペンライト出したりコールしたりはしていませんでしたが。 歌の方は,直後に生演奏バックのライブに行ってしまったため,だいぶ記憶が……。

すっかり忘れていたのが最後にある握手会。 ここ10年くらい声優さん等のイベントに出ていますが,握手会は参加したことがありません。 似たもので,サイン会が,

  • 高橋洋子トーク&ライブ (2002年10月12日,ゲーマーズカフェ)
  • 岡崎律子 ミニ・コンサート&サイン会 (2003年6月6日,銀座山野楽器本店7F JamSpot)

の2回……ってどちらも音楽家ですが。 おかげで,全く話す内容が見つからず,羽衣ちゃんを困惑させてしまったみたいです。 本当に私は喋るのが苦手だなぁ……。


この後,今井麻美2ndライブへ行ったのですが,それは別の記事にて。


水野愛日がる☆ぱ Vol.4 とりおDEおかえり!One Day Dream [アニメ・コミック・ゲーム・声優・ラノベ]

一昨日,水野愛日がる☆ぱVol.4 とりおDEおかえり!One Day Dreamへ行ってきました。

正直に書くならば,私の場合の属性集合に【水野愛日】はなく,【真田アサミ】属性で行ったわけですが (ぶっちゃけすぎ),なによりサブタイ「とりおDEおかえり!」に惹かれたのです。

とりおまてぃっくを生で見たのは,自信の記録 (2005年までのライブ記録……) によると,2001年のTBSアニメフェスタで「かえりみち」と「まほろDEマンボ」「まほろDEマンボ」 (と川澄綾子さんの「かえりみち」),2002年のTBSアニメフェスタで「そ・れ・い・ゆ」と「とりおまてぃっく ラン・らん・乱♪」「とりおまてぃっく ラン・らん・乱♪」 (と川澄綾子さんの「そ・れ・い・ゆ」),あと2002/12/29のらいぶ!の3回しかなかったりします (12/29にはGo! Go! Fairies!!@ベルファーレと掛け持ったのはよい思い出。りんかい線大崎延伸に助けられた)。 その割には入れ込んでいた感がありますし,印象が強かったのですが,恐らく当時の第一属性 (現在でも上位属性ですが) のアサ姉が。ユニットにいたからかもしれません。


さて,当日……朝,寝坊しました。開始11:45なのに11:00起床。 東横線渋谷駅到着が11:35頃で,SHIBUYA TAKE OFF 7周辺に11:40頃には到着 (←頑張った) したものの,google mapでの位置だけを覚えていたため見つからない……ので,近くのmini stopに入って水を買って場所を尋ねてぎりぎりで入場。

ハコはサイトによると260人らしいですが,残念ながらもっと少なかった印象。さすがに,2010年12月19日にあったアサ姉の「○の陣」@西荻窪ターニング(←blogに書けよ,という感じですが,当時忘れていた……)の100人のハコより大きかったですが。

まなびーのソロ2曲から開始……サイリウムがほぼなく,クラップのみというのも久々で逆に新鮮でした。 どうも,まなびぃ♥そらじぃの○○CafeのOP/EDだったようで,CDの発売が決まった (発売日は決定しているが現時点非公開) ことを MC でおっしゃっていました。

続いてとりおまてぃっくの曲とMC。どの順だったか覚えていない……いかんねえ。というわけで,他人任せ。 ググったら見つかった水野愛日 がる☆ぱVol.4 とりおDEおかえり!One Day Dream@Poiのこべやさんなどを参照すると,私よりよっぽど詳しいこと書いてあります。

とりおの曲になってからサイリウム or ペンライトが使われたり,コールが入っていましたが,これはまなびーソロ曲が実質初公開だからでしょうか。 そして,とりおのソロ曲は初めて生で聴いたわけです。 MC でもおっしゃっていましたが,特にソロ曲は正しくキャラクターイメージソングで,イメージ通りだなぁ,と再確認。 ついでに大江千鶴子 (声:真田アサミ) 「食べちゃいたいの」は自分が聴くアニメやゲームの曲では珍しいリズムなのも再確認。


今回はペンライト (青) でほとんど事が済みました。 「まほろDEマンボ」で1本ずつ,計2本ウルトラオレンジのサイリウムを折った位で,トリオ曲のノリが良い曲でペンライトを使った以外はクラップで応援したわけですが,クラップ中心の応援というのも良い物です。 大規模ライブになるほどクラップが無くなるのがちょっと悲しかったり。

チャリティー募金は手持ちから500円玉を1枚。 財布には5000円札1枚という状況だったので,それ以外 (グッズ含む) は諦めました。 水を買う時に5000円札くずしておけば,でかい写真を買う,という選択肢もあったわけですが……。


家に帰ってから,twitterのまなびーのtweet (アサ姉のtweetのquoted tweet) に,簡単な感想を送るくらいの軽い気持ちでreply (@AsamiSanada へのmention付き) したら,replyが送られてきてこちらがびっくりしたり。 一言のreplyとはいえ,嬉しい物ですね。


次はミンゴスの 2nd ライブ。今度は大きなハコのようです。 って,ミンゴスの名前を初めてみたのもまほろまてぃっくだったっけ。 安藤さんだったかな (幽霊の話の回)。

あと,ペンライト以外の色揃えてあるのだし,アイマスライブ当選するといいなぁ。


うへぇ [PC全般 [愚痴]]

cerviさんが急遽今月末で運用終了だそうで,各所に影響が出ていますね……。

私自身は借りては居た物のメールアドレスくらいの問題でしかないのですが,どこが消えるか解らないのが怖い……。どっとねっとふぁんさんは移転するかなくなるか,とか書いてあるし……。

クローラ作る必要があるかもなぁ……。


初詣とか [アニメ・コミック・ゲーム・声優・ラノベ]

突然気が向いて,鶴岡八幡宮へ初詣に行ってきました。

ただ,その時にふと,アイマスモバイルのエリアゲーム (#imas505) がふと浮かび, さらに,L@ve onceも頭に浮かんで,経由が「自由が丘→(東急東横線)→横浜→(JR東日本東海道線)→大船→(JR東日本横須賀線)→鎌倉」から「二子玉川→(東急田園都市線)→中央林間→(小田急江ノ島線)→藤沢→(江ノ電江ノ島電鉄線)→鎌倉」に変更。 明らかに江ノ電の分時間を食うルートです。

まずは中央林間までで「中山/長津田」をゲット。藤沢に向かったところ,「大和/瀬谷/三ツ境」と「藤沢/茅ヶ崎/江ノ島」が範囲に。中央林間とかでは「本厚木/海老名/相模大野」は流石に範囲外だったみたいです。

で,藤沢でL@ve onceの萩森駅っぽい風景を探してみた物の無く断念。帰ってから調べたところ,どう見ても茅ヶ崎駅 (Wikipedia (ja), 北口画像 (Wikipedia (ja)))。 ちゃんと調べておくべきだった……まぁ,茅ヶ崎まで足を伸ばす気は全くなかったのですが。


さて,一応途中下車もするつもりだしと,1日乗車券を購入。 右上に穴が空いていることから予想が付くかもしれませんが,磁気券で自動改札を通ることができます。ただ,江ノ電に自動改札機がどれだけあるかと言うと……。


で,最初の途中下車駅はおそらく舞咲駅だろうと予想の付けた,湘南海岸公園駅。海岸公園ってどこ~,と言いたくなるような場所に駅はありますが……。

L@ve once 舞咲駅構内
江ノ電湘南海岸公園駅

(関係のない人が入ってしまったので,顔をぼかしています)

当たりっぽいです。もう少しちゃんとL@ve onceの絵を見ていれば,数歩引いて撮っていたところですが……。 ちなみに,駅舎は

という感じで,似ているけど違うかなぁ,という感じでした。 元になったのは間違いないでしょう。


次の途中下車駅は鎌倉高校前駅。ちゃんと撮ろうかとも思ったのですが,ゲーム中みたいに歩道が整備されているわけではないのでやめておきました。

よく出てくる信号を逆から撮ったのが,
鎌倉高校前交差点
これです。 ゲーム中では海側にも歩道が整備されていて,もうちょっと奥 (=鎌倉寄り) から撮った図になっています。 それを撮るのはこの交通量では完全に自殺行為なのでやめました。

ゲーム開始直後の絵は,
江ノ電鎌倉高校前駅から江ノ島を望む
を俯瞰したものだと思います。 走っているのは3両編成であることを除くと,あからさまに江ノ電の塗装ですし。

ちなみに,ここで「鎌倉/由比/大船」エリアをゲットしました。


このあたりで暗くなってきたのでそのまま鎌倉駅まで行くことに。長谷駅など,終端駅付近から結構乗ってきました。こういう時期の江ノ電は藤沢行きがとても混雑して遅延するのですが,終端部は鎌倉行きも混雑するようです。 L@ve onceの舞咲以外の駅構内の背景は江ノ電鎌倉駅のJRよりの部分だと思いますが,そこは写真を撮っていません。人多いし。

で,当初の予定の鶴岡八幡宮へ向かうべく参道へ行ったのですが,よく繁華街で発生している終末思想を持ったキリスト教らしき街宣が居て萎えたり。 初詣の時期に参道で終末思想騙るんじゃねえ,と思うわけです。基本的に神道は現世利益追求なのだし (あの世とか仏教由来でしょ?)。

さすがに17時前なので空いているかと思いきや,さにあらず。結構混んでいました。三箇所くらいでロープによる入場制限をしていて,20分くらいで参拝できました。 当然ながら,最後のロープは大階段の入口ありました (安全のため)。

喘息の治癒を祈ったのですが,よく考えると神様間違ったなぁ,と。八幡宮って普通に考えたら武神だよねぇ……。 あと,おみくじに「病気:医者を選びなさい」とか……。

大銀杏は,なんか5月に見た時よりも枝っぽいものが上に生えている感じがしました。もう一度5月の昼間に行きたいところです。


帰りは当然JR経由。祖母宅へ急遽寄ることにしたので,アイマスモバイルのエリアゲーム的には根岸線経由の方が美味しいのですが,東海道線経由で横浜に戻り,「大船/本郷台」「戸塚」「保土ヶ谷」「横浜」とゲット。 さらに,相鉄線横浜駅で確認したらなぜか「みなとみらい」もゲット。

祖母宅に着いたらちょうどブレーカーが落ちたところだったらしく,その復旧から。おせち料理の残りを頂いたりして帰りました。祖母宅で「希望が丘/二俣川」ゲット。

あとは横浜から東横線。菊名あたりは流石に「新横浜」の範囲。計11箇所,まぁ1日でまわったにしてはいい感じではないでしょうか。横浜市内で9箇所くらいかな。根岸線とみなとみらい線で8箇所は取れるところだし,悪くない残り方かも。


うーん,舞咲駅の駅舎は極楽寺駅っぽいなぁ……。(Wikipedia (ja), 正面画像 (Wikipedia (ja)))。 再度行ってみるかなぁ……。


L@ve onceやった [アニメ・コミック・ゲーム・声優・ラノベ]

現時点で興味のある声優がやっている, という理由から響 -HiBiKi Radio Station-のウェブラジオ聡美と羽衣のR@DIO onceを聞き始め (ここまではよくあること), そこから気が向いて,珍しくL@ve once本体に手を出し,一応全員クリアしました。

購入時点で既にPS3 プロジェクトは既知だったのですが…… ヒロイン分岐までの出具合を鑑みるに,堤 美散は最初は攻略可能キャラだったのがそぎ落とされたのかなぁ,と。 その姉,寺小尾 響紀のシナリオへの露出の仕方も高かったですし, そもそもバッドエンド分岐側の内容が…… (PS3版ではどうなるんだろう)。 まあ,PS3持っていないし,PS3版買う訳ではないですけどね。

全体として作りにこなれていない感じはあるものの,内容としては人魚の話をそれなりに織り込んでいるし,全体としてはよい印象を受けました。 それだけに,PS3版の発売をPSP版発売後10日というタイミングで発表したことは失策ではないかなぁ,と。 さっさと最初から発表しておくか,PSP版に美散を入れていればAmazon 初回版レビューのような評価にはならなかったのではないかなぁ。 PS3移植で絵の情報量が増えたり本編ではない追加要素が増えても,使用可能な容量が大きく違う携帯機→据置機ならそのあたりへの不満は大きくないでしょうし。

あとは,サイトのURLが非常に疑問。 このブランドで一作しか作らないならともかく,そうでないならhttp://maid-meets-cat.com/loveonce/とかにしておかないと, 次作が出たタイミングで世の中にデッドリンクが大量に出回ることになる訳で……。


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。